おすすめ記事

【フィギュア】江戸時代中期の画家・伊藤若冲の鶏、海洋堂がフィギュア化「後ろ姿も楽しんで」

引用元: ・【フィギュア】江戸時代中期の画家・伊藤若冲の鶏、海洋堂がフィギュア化 「後ろ姿も楽しんで」

Sponsored Link

1: 名無しさん 2019/03/10(日) 21:58:46.37 _USER
 江戸時代中期に京都で活躍した画家・伊藤若冲(じゃくちゅう、1716~1800)が繰り返しモチーフとして描いた鶏が、高さ約30センチのフィギュアとして三次元化された。海洋堂(大阪府門真市)の造形作家が制作した。

 フィギュアのもとになったのは、動植物を描いた30枚の彩色画「動植綵絵(どうしょくさいえ)」のうち、躍動感ある雄鶏が描かれた「南天雄鶏図」。海洋堂のペイントデザイナー、古田悟郎さん(47)がフィギュア化を担当した。

 古田さんはこれまで、和歌山県で見つかった海生爬虫(はちゅう)類「モササウルス」など、博物館に展示する古代生物の造形を手がけてきた実績がある。

 今回のフィギュア作りでも、オスの鶏の骨格で頭と胴体の長さの比率などを確認。羽根は一枚ずつ作るなど、造形に2年をかけた。古田さんは「立体パズルを解くような感じだった」と振り返る。元の絵には描かれていない後ろ姿なども含めて、造形を楽しんでほしいという。

https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20190306001807_commL.jpg
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20190306002947_comm.jpg
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20190306002935_comm.jpg

朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/photo/AS20190306002947.html

18: 名無しさん 2019/03/11(月) 11:10:28.41
>>1
邪悪だな( ´_ゝ`)

2: 名無しさん 2019/03/10(日) 22:09:38.95
迫力あり過ぎて怖過ぎる
https://pbs.twimg.com/media/C4_6f78UMAAEE9y.jpg

3: 名無しさん 2019/03/10(日) 22:24:26.20
エ◯いな・・・。

4: 名無しさん 2019/03/10(日) 22:26:31.89
綺麗だなぁ

5: 名無しさん 2019/03/10(日) 22:38:52.43
おいくら万円?

6: 名無しさん 2019/03/10(日) 22:48:43.77
東京都美術館で買えるの?

7: 名無しさん 2019/03/10(日) 23:33:52.66
上から見た写真で 鶏冠のブツブツが気持ち悪い
魚の目の中身みたいだ

8: 名無しさん 2019/03/10(日) 23:33:58.78
どこが可動するの?

9: 名無しさん 2019/03/10(日) 23:43:27.44
なじみの深い家禽だからあまり意識されないけど
ニワトリのデザインはかなりかっこいい

おすすめ記事

10: 名無しさん 2019/03/10(日) 23:43:33.21
若冲の絵を完全再現したのなら、「形こそが動いてる」んじゃね?w
海洋堂のフィギュアで可動ってあったっけ

12: 名無しさん 2019/03/11(月) 00:35:28.20
>>10
えっヤマグチとかタケヤ知らんのか

11: 名無しさん 2019/03/10(日) 23:59:48.02
名画のフィギュア化面白いよね
揃えたくなる

15: 名無しさん 2019/03/11(月) 01:07:34.82
やっぱこんな鳥いないよなあ

Sponsored Link

16: 名無しさん 2019/03/11(月) 09:32:56.50
羽の細かさすごいね

17: 名無しさん 2019/03/11(月) 10:55:33.90
フィギュアのカテゴリに入れていいのかってレベルだな

19: 名無しさん 2019/03/11(月) 16:46:17.34
日本画も立体として間違ってないんだな

20: 名無しさん 2019/03/11(月) 18:08:59.09
フィギュア…?

21: 名無しさん 2019/03/11(月) 18:55:15.65
海洋堂がフィギュアって言ってるならそうなんだろ

Pocket

おすすめ記事

You may also like...

『【フィギュア】江戸時代中期の画家・伊藤若冲の鶏、海洋堂がフィギュア化「後ろ姿も楽しんで」』へのコメント

※コメントは自動承認、スパムは自動削除されます。節度を持ったコメントをお願いします。

コメントを残す